セルフでジェルネイルされる方へ

まつげ美容液ルミガン・ケアプロストを
格安価格で通販する方法!

まつげ美容液ルミガンやケアプロストに関する情報はもちろんのこと、美容全般に関するお役立ち情報コラムを発信しています。ルミガン・ケアプロストに関する情報と併せ、皆様の美しさのためにお役立てください。

セルフでジェルネイルされる方へ


最近、セルフでジェルネイルをやる方が増えています。私はネイリストとして、自宅でサロンを開業しています。ネイリストのの視点から考えると、セルフネイラーさんが増えると、私達の仕事が減ってしまって困ります。これが正直な思いです。

しかし、セルフでネイルをすると、爪に負担をかけてしまう場合があるので注意が必要です。

まず、ジェルネイルを行うのに必要なサンディングです。これは、爪に傷を付けてジェルの密着を良くする為です。今はサンディング不要のジェルも普及していますが、まだ多くはありません。不用意に爪に傷を付ければ良いわけでもありません。

ジェルメーカーによって、サンディングのやり方が違うので、そのメーカーに合ったサンディング方法をきちんと勉強してから、行ってほしいです。傷を付けすぎたばかりに、ジェルが剥がれたら爪がボロボロになってしまった。という話も良く聞きます。

薄くてボロボロだから、ネイルサロンで施術したいとおっしゃる方がいますが、実際弱ってしまった爪にネイルは出来ません。本来ならサロン側は断るべきです。

もし施術をしたとしても、自分での持ちも悪く、また爪に負担がかかってしまいます。出来る事なら、暫くジェルを塗るのを我慢して、なるべく爪が折れないように短くして、休ませてあげたいものです。

セルフでのジェルネイルの普及が多くなると、やはり自分でやってしまうので、休ませる事がなくなるので爪が弱ってしまう一方なので、注意してください。梅雨時のネイルにも注意が必要です。

ジェルを塗布する前に少しでも水分等が付着していると、その水分の上にジェルが密着して密封してしまいます。
その水が腐ったら。と考えます。良く梅雨時や夏場に起こりやすいグリーンネイルというのが、爪のカビです。

爪に緑色のカビが生えてしまいます。グリーンネイルになってしまったら、すぐにジェルのオフを行い、皮膚科へ行ってください。剥がれかけているジェルネイルを直さずにそのままにしておいても、その間から水が入りカビが生える原因ともなるので、気を付けてください。

女子力が高く、綺麗にする女性が増えるのは嬉しい事ですが、きちんとした知識を身に付けて綺麗を目指していきましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ルミガンについて ケアプロストについて ラティースについて