いかにメザイクを自然に見せるか

まつげ美容液ルミガン・ケアプロストを
格安価格で通販する方法!

まつげ美容液ルミガンやケアプロストに関する情報はもちろんのこと、美容全般に関するお役立ち情報コラムを発信しています。ルミガン・ケアプロストに関する情報と併せ、皆様の美しさのためにお役立てください。

いかにメザイクを自然に見せるか


メザイク


今はアイメイクに、メザイクは主流となってきました。以前は好きな二重にするにはアイプチでしたが、アイプチよりメザイクの方が不自然さは少ないと思います。メザイクでもアイプチでも、使ってる人はとにかく、どう自然に見せるか。がテーマだと思います。

そこで、私がいつも自然に見せるように頑張っている方法を書きたいと思います。まず最初に、メザイクを使うにあたって、自分のまぶたや顔の作りから、二重の幅は欲張りすぎない事が大事だと思います。やっぱり目はとにかく大きく見せたい気持ちはあるのですが、色んな幅でやってみて、自分のまぶたに無理しない程度の場所をみつけます。あまり欲張りすぎると可愛く見せたいのに、違和感ばかり気になる目になってしまいます。

私は切って目に貼ったメザイクの両端がいつもどうしてもきになります。そこで、私が工夫してるのは、目頭の方のメザイクのはしの部分にほんのちょっとだけウォータープルーフのアイプチを1〜2mm程度ちょん、とつけます。そして、反対側は、リキッドのアイライナーでほんの少し見えて光ってしまっているメザイクの上をなるべく自然な二重の線に見えるように薄く書いています。これも1〜2mm程度です。メザイクの上にアイライナーで書くことでメザイクが光りで光りません。あとはアイシャドウで書いたアイライナーが目立たない様に、目のふちは黒やこげ茶でぼかしてしまいます。これが私が普段やっているメザイクカモフラージュ作戦です。

そこでもうひとつポイントがあるのですが、メザイクやアイプチの上に黒っぽいシャドウを塗ってしまうと、メザイクの線や、アイプチを塗ったところがはっきりと黒い線になってしまうので、そういう事も気をつけてなるべくアイプチのところ、メザイクの線のところはがっつり塗らない様にします。メザイクで作った線のほんのちょっと下までとか線の上からシャドウを塗ります。

それともう一つ、まつ毛もマスカラを塗るだけではなく、ビューラーもかけると、作った線は不自然になりにくい気がします。



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ルミガンについて ケアプロストについて ラティースについて